FC2ブログ
我家の猫“tora”のアルバムと、糖尿病治療の記録(2007/8/4~2009/12/21)& 2010年9月より家族になったチバちゃんとの日々と思い出(2010/4/13〜2014/11/8)
はじめに
このブログとリンクについて  共有テンプレートについて(2012/12/26)





 今思い出す事
2009年12月30日 (水) | 編集 |
 とにかく気づいた事、思い出した事を書き留めておきたい。
記憶が薄れないうちに。

ご飯を食べなくなって2日目の夜だっったでしょうか、
トラがベランダに出たいと、窓の所に座りました。
窓を開けたら「寒いからやっぱりや~めたっ!」って、
またいつものように、すぐ部屋にUターンすると思ったのですが、
その時は自分で外に出て、トコトコとベランダを一回りして帰ってきました。

工事が終わり、新しくなったベランダを確認したかったのかな?
その時はそう思いました。
でもなぜ急に、今?
少し不思議でもありました。

その日はいつもより、甘えん坊で、
凄く久しぶりに、私のお布団に潜り込み足元で寝たり、
私のお腹のあたりに、ピタリと寄り添い寝たり、
寝ている私の枕に、前足を乗せて座ったので、
しばらく体を撫でながら、顔を眺めていました。

朝私を起こす為や、腰トントンをして欲しくて、
枕に前足を乗せる事は何度もありましたが、
この日は、いつものそれとは違った感じで、
やはり体調が悪くて、不安で、甘えているのかな?と思いました。


亡くなる前の晩。正確にはその日の午前2時頃。
その日は早めに寝ましたが、ふと目が覚めたので、
おこたを覗き込みトラの様子を確認しました。
丸くなって寝ている背中をナデナデし、軽く腰をトントンし、
喉の辺りをナデてやりました。
トラは気持ち良さそうに目を細め、私の手に、
頭や顔をスリスリして来ました。

機嫌良さそう!今ならご飯を食べてくれるかも?
そう思い、トラの好きな猫缶を開け、側に持って行きましたが、
少しクンクンしただけで、やっぱりダメでした。

結局、トラをちゃんとナデナデ出来たのは、これが最後になりました。
こんな事なら、もっと抱っこやナデナデしてやれば良かった。
そう思うけど、点滴や流動食の後に、あまり体を動かすのは良くないし、
もっとしてやれる事があったかもしれない。
それを考えたらキリがないけれど、今の私に出来る事は、
これが精一杯だったのだと、そう思う事にします。


不思議と、トラの過去写真を見るのは辛くはなくて、
むしろまた過去ログを見て、可愛かったなぁ~と思っています。
自分でWeb拍手をクリックして、トラの声を聞いたり(笑)
トラが糖尿病と診断され、闘病記録のブログになっても、
重く暗い物にはしたくなかった。


次の子を迎えるつもりは無いのですか?と聞かれますが、
トラの事が好き過ぎたので、今はまだ何も考えられません。
もしかしたらトラがいなくなった現実を、辛いと感じるのは、
もう少し後になってやって来るのかもしれません。

今こうしてパソコンに向かっていても、
いつものようにトラはおこたで寝ていて、
そのうち起きて来て、部屋の入り口に座り、
「ごはん~~!」と、私を呼びそうで。
私の背中側から椅子に飛び乗り、左側に移動し、
腰トントンをしてもらいながらまた寝てしまったり。
今はまだ、そんな気がするのです・・・。

tora09-12-138.jpg
スポンサーサイト





web拍手 by FC2


yoroshiku-chiba.gif
l-stamp26.gif l-stamp25.gif l-stamp20png l-stamp19.png
※もっと見る ⇒LINEスタンプ 作者URL
※検索サイト ⇒スタリコSTAMPOO


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/30(水) 19:48:36 | | #[ 編集]
mikichaさんへ
私も何度もWeb拍手をクリックしてみました^^
声もですが、mikichaさんのイラストのトラちゃんも可愛くて。
トラちゃん、甘えん坊声で美声ですね^^

私も何度も同じような経験をして、
いつも悔やまれることばかりです。
でもだんだん思うようになったのは、
「一緒に苦しんだ」ことが、してあげられることの最大のこと・・
そしてその前には「一緒に楽しんだ」とか「一緒に遊んだ」とか。
罪悪感にとらわれて苦しいと思いますが、
お二人の結びつきは私たちもよくよく知っていますよ。
トラちゃんがいちばん分かっていますよ、絶対。
(えらそうに言ってごめんなさい)
2009/12/30(水) 21:13:09 | URL | みつ #D3mGERhw[ 編集]
トラちゃん、本当に残念でした。よくなって欲しいなとコメント書いた直後だったので一緒に涙しました。
もっとあーしてあげれば、あのときあーだったら。。。愛するニャンコを亡くされた方みなさん同じです。一緒に過ごしたのだから当たりまえの感情ですよね。それでも必要以上に自分を責めないのはいいことだと思います。

mikichaさんとトラちゃんと過ごした時間を考えればそう簡単に新しい子というお気持ちにはなれないと思います。どんなに可愛い子でも同じ子は2匹居ないですからね。
今は悲しみに沈んだり普通だったりお気持ちも行ったり来たりでしょうけど、少しずつ涙が落ち着いて考えられればまた猫との生活を楽しむ機会があって欲しいなと思います。
トラちゃん、長い間本当にどうもありがとう!
2009/12/30(水) 22:03:00 | URL | 伽羅 #qbIq4rIg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/31(木) 00:43:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック